愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

大部屋の悩み

以前、婦人科疾患で半月ほど入院したことがありました。その病院の婦人科はやや小規模だったため、婦人科患者用の病棟はなく、病室は脳外科・脳神経科の患者さんと一緒にされていました。個室などを利用する経済的余裕がなかったので、4人部屋での入院生活でした。入院当初は、自分自身の状態が悪かったのでただただ痛みを我慢する日々でしたが、少し症状が落ちついてくると、どうしても同室の他の患者さんの動向が気になります。同じ婦人科の患者さんの場合は、年代も近かったり共通の話題があったるするので、同室でも特に気にはなりません。しかし、入院期間中には他の患者さんが全て脳外科・脳神経科の患者さんになってしまった期間もありました。どうしても高齢の方が多く、しかも脳に何らかの問題を抱えている患者さんばかりです。昼間は看護師さんやお見舞いの家族の方の出入りが多いので問題はないのですが、心配なのは夜中です。カーテン一枚隔てた隣で、何が起こるかわかりません。毎晩、ホラー映画を見ているようなドキドキ感で、私は完全に不眠症になってしまいました。
看護師 転職サイト看護師 求人サイト看護師 求人 渋谷

訪問看護の

家族の人に何か変わった所は無かったですかって聞く事も訪問看護の仕事ですよね。例えば便が出にくかったりしていれば、心臓疾患の患者さんであれば、いきむと良くないのでそれなりの対処もしておかなければならないでしょうし、食事の内容もちゃんと便が出やすい食事を食べさせているか、1日の水分が足らないのではないかとか、色々患者本人もさることながら家族の力も必要なので、あらゆる面から一通り確認しなければならないと思うので、本当に大変な仕事だと思いますよね。患者さん一人ひとりのカルテを見ながら、異常を発見するのは看護師さんの役目ですよね。この患者さんには寝たきりは良くないからとは言え、無防備に家族にトイレの時には歩行訓練も兼ねて少し歩かせてあげて、何て言おうものなら、家族は素人ですから本人の身体の調子が悪かろうと看護師さんが言われた事を忠実に守ったりしますから、この辺はとても難しいと思いますね。特に御年輩だと骨ももろくなってきていますから、別に転ばなくてもくしゃみでもアバラの骨が折れる人だっているようですから、良かれと思っている事でも患者さんには大変危険を伴いますから、難しいですよね。
看護師 年収看護師 転職支援金看護師 ブランク

病院の待ち時間

持病があるため、病院に定期的に通っています。病院の診察では予約を入れているのですが、予約通りの診察時間になることはあまりありません。運がいいとあまり待たずに時間通りに呼ばれ、診察がスムーズに進むこともあります。ですがほとんどの場合、途中で急患が入ったりだとか、予定よりも長くかかる診察の方が前にいたりして、30分とか1時間とか呼び出し時間が遅れます。
つい先日診察に行った時は、珍しく順調に診察を終えることができました。診察の前にMRIの検査があったので、先に検査を終えてから、診察予定の科の受付へ行きました。診察の予定時間まで20分程あったのですが、20分も待たない間に呼び出されました。いつもだともっと遅くなることが多かったので、早く呼び出されたことに驚きました。結局、検査と診察すべてを1時間ぐらいですべて終えることができ、その日はいつもよりも1時間ぐらい早く帰宅することができました。
こういったのものはタイミングもあるので、上手くいくと早く終われます。毎回これぐらいスムーズにいってくれたら本当はいいのですが、残念ながらそうもいかないのが病院なのです。
訪問入浴 看護師老人ホーム 看護師 求人

患者さんの家族に悩んでいます

私は総合病院で働いている看護師です。私が悩んでいるのは、患者さんの家族のことについてです。私の働いているところは、付き添いをしている家族が多く、患者さんのケアをするときなど、その家族の言葉に傷ついたりします。
看護師としては、一生懸命しているところを理解して欲しいと思うのですが、そんなことはお構いなしに、ストレスを看護師にぶつけてくることがあります。
そしてそんな時には、こんなところやめてやると、真剣におもうことがあるのです。実は、患者さんの付き添いがいないところに、転職をしたいとおもったことがあります。
それは私の勤めているところでは、患者さんの病状から付き添いをする家族が多いからです。
そのため、そのようなところに転職をすれば、きっともっと楽な感じで働くことができると思っているからです。患者さんの家族の人もストレスが溜まっていることは理解しようと思っていますが、毎日のことなので、本当に参っています。
ナースバンク東京デイサービス 看護師 求人

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!

サブコンテンツ

このページの先頭へ